開業する際に事務所としてレンタルスペースを借りることのメリットとは

>

独立した時にどういった形で事務所を構えるか

まずは事務所をどこに構えるかという問題

独立をする際にまず一番最初にやらなくてはいけないことはどこに事務所を構えるか事務所探しをすることです。
事務所がなくては肝心の営業活動が全くできませんので、ここはまず一番に手を付けるところになります。
やはり立地的には都市の中心部が一番無難で営業活動もしやすいところになると思います。
あと地域によって家賃も維持費も異なりますので初期投資の部分も考えながら手を付けていかなくてはいけないので、備品や家具の購入も視野に入れて考えていかないといけません。
後事務所の規模も重要で、最初から人を雇うのか初期は自分個人のみで活動していくのかでも事務所の規模は変わってきますね。
ただ一人で活動するからといってあまりにも狭い事務所を借りるのはおすすめではないですね。
最初のイメージはとても重要です。

どういった形態の事務所を借りるかが重要

あと事務所を借りる際にはどういった形態の事務所を借りるかも重要な点で、一般的には不動産屋に行って賃貸の物件を借りるというのが普通だと思いますが、現在はいろいろな契約形態の物件もありますのでそういった面もしっかり見ておく必要があります。
最近話題なのはレンタルスペースといわれる貸しスペースのことで、もともと事務所向けに用意されたものではないというデメリットはありますが、料金が格安で、物品や備品は用意しなくてはならないですが、初期投資がものすごく節約できるので大きなメリットになります。
さらにレンタルスペースは貸事務所に良くある売り上げに対するマージンなども一切要求されることはありませんので安心して集中できます。


この記事をシェアする